ラベルとシールと名刺

名刺4

名刺交換の方法

名刺交換名刺交換の際には、こちらからお伺いする場合には、こちらから出すべきでしょう。そのときには、すでに名刺ケースを持ち、準備しておきましょう。そうすれば、相手も、「名刺を出すんだな」と分かってくれるはずです。タイミングとしては、商談の前に、つまり、一番最初に渡すべきです。このタイミングを逃してしまうと、相手に渡しづらくなってしまいますので、注意しましょう。需要のあるアイテムが相手に渡せないと言うのは辛いことです。

名刺を渡すときは、片手ではなく両手で渡すのがマナーです。基本的には、相手に読みやすいように渡します。このときに社名と部署、名前を「○○社、営業部の○×と申します」という感じで名乗りましょう。名刺を受け取るときは、両手で受け取ります。また、お互いが同時に名刺を差し出している際には、お互い右手で差し出して、左手で受け取るのが基本とされています。受け取るときは、「頂戴します」という言葉を添えましょう。

受け取った名刺は、すぐに名刺入れに入れず、名刺入れの上にあわせて持つか、テーブルに座るのでしたら、名刺入れの上に置くようにしてテーブルの上においておきましょう。しまうタイミングは、しばらくして後、他の方がしまうときと同じにしていれば問題ないでしょう。

このように、上記の様に行うのが基本となりますが、たまに、自分が出すよりも早く、相手に差し出されているときもあるでしょう。そのときは、相手を待たせずに受け取り、その後、「申し送れました」という言葉とともに、名刺を渡します。

名刺の受け渡しをスムーズに行うには、慣れが必要となるでしょう。そのため、自分より先に、相手が差し出してしまうことが、最初は多くなるかもしれません。しかし、名刺の受け渡しのマナーを身に着けることができれば、相手に好印象を与えることができます。それによって商談がまとまる可能性も多少上がるし、自分の株価も僅かに上がるでしょう。マナーですから、身に着けておくのが基本なのですが、身に着けていれば好印象を与えるのもマナーなのです。ポスターに名刺交換の方法を印刷して、毎日目に入るところに貼っておくと良いかもしれませんね。